2006年07月18日

広末涼子の誕生日ですね。

ファンではないので、祝う気はさらさらありませんが(悪)
何故覚えているのかと言うと、忘れもしない小学5年生の時、
初恋の相手の誕生日だからですw
I・K君へ。おめでとう、33歳w
相変わらず、コルベットに乗ってブイブイ言わせているのですか?
お母様が泣いていらっしゃいますよ?歳相応に親孝行して下さいw

DOAの方はと申しますと・・・ゲーム自体やっておりません*
足を洗った感満載です。済まぬ、ハヤブサ。
4の貴方に触れたかったわ(涙)
何をしているかと申しますと・・・テニスとかオフ会と言う名の友達との集いですね。
一応mixiで知り合ったからオフ会と言う扱いですが、普通の集い。
いや、何か私もすっかりヲタ卒業ですか?寂しいですねぇ・・・
いつまでも若くないですし、働けないと言うハンデ以外は至って
まともな暮らしをしておりますよ。つまらない人生と思われるかも
知れませんが、変わらない毎日をコツコツと地道に生きるって、
案外大変な事ですよ?継続は力なり?ちょっと違うかな?

まぁ、相変わらずやらかしておりますが・・・(黙)
やらかすと言うか、面倒な事に巻き込まれ易いと言うか。
以前と違い、必要最低限のアドバイスしか与えず、自立支援に
徹する様になったし、騒ぎの最中でも自分優先にしております。
・・・少し成長したでしょう?w
姉御キャラから脱却出来るのはいつでしょうね?
体力にゆとりが出来たら、精神障害のボランティアをして、
向いているかお試ししてみます。向いていたら、働きながら
資格を取れると良いのですが。
障害者の自立支援って、私の中では職業ではなく、人として
当然の事だと思っていたのですが、この国では違うので、私の
特性を活かせれば生涯を共にしたいですね。


偶に日記を書いたと思ったら、こんな重たい話題かよ!と言う
苦情は受け付けません。
差別や偏見のない社会作りがしたいのです。
精神に拘らないので、障害者の自立支援はボランティアでも
やって行く所存です。折角出来た自立支援法が余りにも酷いので、
私は個人的に民間で自立支援をして行きたいです。
現行の状態では『自殺支援法』と言われても仕方ないですからね。
政府がアテにならないなら、民間で頑張るしかないでしょう?
私1人でどうこう出来るとは勿論思っていませんよ?
地道に差別や偏見を取り除いて、次の世代へ少しでも礎を築きたい。
それだけです。
posted by マコ忍 at 03:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20953507

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。